売却時の必要書類。もし失くしてたら?

車を下取りや買取で売却をする場合、必要書類を用意しておかなくてはなりません。

ですが、その必要書類を失くしてしまった場合の対処方法についてお話をしていきます。

メンテナンスノートや取扱説明書、保証書などは基本的に車の外に出すということはないでしょうから、これらの書類を紛失してしまうことはないでしょう。

ですが、他の書類は車外に出すこともあるでしょうから、そのままどこに置いたか分からなくなってしまうこともあります。

探してもないのであれば、その必要書類を再発行してもらう必要があります。

まず譲渡証明書または自動車検査証を失くしてしまっているのであれば、管轄の陸運省に行き、再発行をしてもらってください。

譲渡証明書は、車を譲渡したという証明をするための書類であり、名義変更の手続きをする際に必要となります。

自動車検査証は車検ときちんと受けたという証明をするための書類となります。

車を保有していると、自動車税を毎年地方自治体に納めなくてはならないのですが、自動車税をきちんと納税したことを証明する自動車納税証明書も用意をしておかなくてはなりません。

毎年年度末に郵送されてくるのですが、この自動車税納税証明書を間違って捨ててしまっているのであれば、自分が住んでいる市町村の役場に行き、再発行をしてもらってください。

そして最後に自賠責保険納入証明書も必要な書類となっています。

自賠責というのは、車を所有している限り発生する保険となっています。

この自賠責保険納入証明書も名義変更をする際に必要になっています。

見つからないのであれば、契約を結んでいる保険会社に再発行をするように連絡をしてください。

まあいろいろと書いてはきましたが、必要書類が失くなったからといって車が売れなくなるわけではないので、あまり心配する必要ありません。

とりあえずまず買取店に相談してみるといいでしょう。自分で陸運局に出向かなくても買取店側がそれらの再取得を代行してくれるかもしれません。

書類の再発行法なども買取店は熟知しています。書類の紛失については買取店に問い合わせて指示を仰ぐのがベストです。