違法改造車って売れる?

車の改造をするのが趣味で、結果として改造しすぎてしまって、車検に通らなくなってしまった場合、違法改造車となっているのですが、違法改造車でも一般道を走ることはできます。

その違法改造車に乗っていて、そろそろ新しい車を購入したいから、買取や下取りをしてもらいたいと考えるようになることもあるでしょう。

違法改造車を買取業者に査定をしてもらったとしても、減額対象になってしまって、通常よりも安い金額を提示されてしまうということが多いです。

パーツ代なども考えると、かなり損をしてしまうことになります。

また、買取業者によっては違法改造車自体を買い取ってくれないという事もあるのです。

違法改造車とされてしまうものとして、サスペンションのスプリング部分を切り落としていたり、スペイサーを使ってタイヤが車体の外に出ているものや、マフラーにサイレンサーがついていないものなどがあります。

パーツ代や改造費がどれだけ高いとしても、それが買取価格に加算してもらえるという事はありません。

違法改造車を少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、必ず純正パーツを保管しておくようにしましょう。

純正パーツも一緒に買い取ってもらえれば、査定額が少しだけ上がる場合もあります。

または、自分で改造パーツを使っている部分を、自分で純正パーツに交換をして、査定を受けるようにしてください。

そして、取り外した改造パーツがまだ使える状態なのであれば、オークションに出品をしたり、パーツ買取業者に買い取ってもらったほうが良いです。