ヤフオクなどの個人売買で車を売るのは要注意

以前は車を売る方法といえば、買取や下取りくらいしか方法はなかったのですが、最近はネットオークションで車を売ろうとする人も多くなってきています。

個人間の売買となっていますから、買取業者では買い取ってくれなかったものを買い取ってもらったり、相場価格以上の金額で落札されるということもあります。

特に業者に買い取ってもらおうとした場合、走行距離や年式によっては、買取価格が0円と査定されてしまうこともあります。

ですが、中古車業者は仮に0円で買い取ったとしても、それなりの金額で自分のお店などで販売をするのです。

オークションを利用して車を買いたいと思っている人は、中古車業者よりも安い金額で買いたいと考えています。

こちらも少しでも高く売れる可能性もありますし、入札者側も業者よりも安く買えるため、お互いにメリットがあるのです。

ただし、こちらも売れるようにきれいに写真を撮っておかなくてはならないですし、傷などがあるのであれば明記をしておかなくては、クレームが来ることもあります。

また、個人同士の取引になるわけですから、名義変更や運送、お金のやり取りなども自分たちでしていかなくてはなりません。

それに出品をしても落札されないこともあり、思った以上に時間や手間がかかってしまうこともあるかもしれません。

このようなデメリットを解消したいのであれば、カーオークションに出品をしてみるといいでしょう。

カーオークションは個人が入札をするのではなく、中古車業者が入札をすることになります。

相手はプロですから、やり取りもそれだけスムーズにできますし、買取業者ではほとんど値がつかなかったのに、それなりの金額で落札をしてもらえる場合もあるのです。