車検を通してから売ったほうが得?

車を下取りや買取で売る場合、車の車検を通してから売るようにしたほうが良いのだろうかと考えている人も多い事でしょう。

確かに車検が切れるまでの期間がそれなりにあるのであれば、中古車販売業者としても販売しやすくなりますから、査定金額もアップされやすいです。

ですからもうすぐ車検が切れそうな車と、車検まで1年以上の期間がある車とでは査定額にも数万円程度の違いが生まれることになるでしょう。

一番望ましいのは、1年以上車検が残っているタイミングで車を下取り、または買取をしてもらうことなのですが、もうすぐ車検が切れそうなのであれば、車検を通さずにそのまま買い取ってもらったほうが良いです。

これはどうしてなのかというと、車検を通した場合、費用が10万円程度かかります。

その費用分も査定額に上乗せされるのかというと、上乗せされません。

車検にかかった費用のほうが何万円か高くなってしまい、結果として損をしてしまうこともあるのです。

ですから、基本的にもうすぐ車検が切れてしまうような状態なのであれば、車検を通さない方が結果として、メリットが大きいということになります。

車の中には1ナンバーで、1年おきに車検がある車種の場合、基本的に人気が高い車が多いです。

買取価格ももともと高くなっている傾向がありますし、最大で車検は1年となっているのですから、このような車種に乗っている場合も、車検を受けずに買い取ってもらったほうが良いでしょう。