ローンが残っているけど売れる?

大体車を買う人というのは、現金で一括払いをするのではなく、マイカーローンなどを組んで購入をしているでしょう。

中古車の場合でも数十万円くらいのお金が必要になってしまいますから、ローンで少しずつ支払う方が現実的です。

そのローンの負債がまだ残っている状態で、新しく車を買うために買取や下取りをしてもらうことは可能なのか気になる人もいらっしゃるのではないでしょうか?

車をローンで購入した場合、ローンが完済するまでは、車の所有者というのは、購入者ではなく、そのローンを組んだクレジットカード会社や銀行という事になります。

ですから、自分の独断だけで車を売却することはできないのですが、まだ返済額が残っているとしても、下取りや買取をしてもらえるようになっています。

まず車の売却額が、ローンの残高以上になっているのであれば、車を売ってローンをすべて完済をし、残りのお金は自分で自由に使えるようになっています。

残りのお金を新しい車の頭金にすることも可能になっているのです。

では買取価格や下取り価格がローンの残高以下だった場合は、下取りや買取をしてもらえないのかというと、ローンを新しくくみなおせば問題ありません。

新しく買う車のローンと、これまで乗っていた車のローンを合わせて支払うという方法となっています。

どちらの方法を選ぶにしても、ローンがまだ残っていても、下取りや買取は可能なのです。

大体の場合は、ディーラーや業者がローン会社への手続きをしてくれますから、こちらは必要事項を記入したり必要書類を提出するだけですので、手間もかかりません。