傷は修理した方が査定は上がる?

車を運転していると、どうしても細かい傷ができてしまうものです。

走行中に小石が飛んできて小さな傷ができてしまったりすることはどうしようもないことです。

本当に小さな傷が一つくらいついているのであれば、車の査定をしてもらう時の減点対象にならない場合もあるのですが、複数あるとどうしても目立ってしまうため、減点されてしまい、査定金額も下がることになります。

少し目立つような傷やへこみなどがあると、さらに査定金額も下がってしまいます。

小さな擦り傷やへこみなどを自分でパテやコンパウンドを使い、修理をする人もいるのですが、素人で修理をしようとしても、反対に傷やへこみがあった場所が目立ちやすくなってしまうものです。

パテなどで傷やへこみの修復を塗装をしたとしても、色の調節が難しかったり、雑になってしまったりするので、プロの査定士を誤魔化し切ることはできないのです。

反対に状態が悪くなってしまって、さらに減点対象になりかねません。

だからといって板金屋などで修理をしてもらった場合、小さな傷だとしても、最低数千円はかかってしまうものです。

へこみがある場合、数万円程度かかってしまうことだってあります。

修理をしたとしても、その修理代を査定金額に上乗せしてもらうことはできません。

小さな傷などがあっても、修理に出したり、自分で修理をしないようにしたほうが、結果として得をすることもあるのです。

特に非常に目立つような傷などがあるのであれば、修理をせずに査定をしてもらったほうがメリットが大きいでしょう。