買取と下取りの違い どっちがお得?

車を買い替える時、買取と下取りのどちらかを選ぶようにしなくてはなりませんが、どちらのほうがお得なのかをお話ししていきます。

多くの人は、新車を納車してもらえる日まで、今乗っている車を乗り続けることができるため、下取りで車の買い替えをしている人が多いのではないでしょうか?

中古車買取業者の場合、査定をしてもらって、契約を結んだら、そのまま車を手放すことになってしまいます。

ですから、下取りのほうが良いと考えている人が多いのです。

ですが、実際のところ、下取りをしてもらうよりも買取業者に買い取ってもらう方が高く買い取ってもらえる傾向が強いです。

また、ディーラーに下取りをしてもらう場合、そのディーラーと同じメーカーの車であればまだ高く買い取ってもらえると言う事もあるのですが、違うメーカーの車だった場合、安い金額で下取りされる場合もあります。

自分のお店にライバルメーカーの車をいつまでも置きたいとは思わないものですから、これは仕方がありません。

また、下取りと買取では査定の基準も違っています。

まず下取りの場合は、基本価格を基準にして、そこから状態を見ながら、査定を行っていくため、どうしても下取り価格も安くなってしまいます。

ですが、買取の場合は、中古車業者オークションの買取核を基準にして、車の状態を見て計算をしていくことになります。

ですから、例えば中古車業者のオークションでもなかなか出回らず希少価値の高い車であれば、特に高く売れます。

しかし、ディーラーなどに下取りをしてもらった場合、希少価値があるとしても、価格表から査定をするため、二束三文になってしまう場合もあるのです。

また、ディーラーの場合は社外パーツは査定で反映されませんから、社外パーツで価格の高いものを装備しているとしても、査定額がアップすることはないのですが、 買取の場合は、社外パーツも査定の判断材料の一つとなるため、なおさら高く買い取ってもらいやすくなっているのです。