きれいに洗ったら査定がアップ?

ちょっとした手間をかけるだけでも、車の査定額というのはアップされるものです。

例えば、砂埃や水垢などがついている状態で査定に出すのと、ピカピカに洗った状態で査定をしてもらうのでは、査定士への印象も変わってきますし、それが査定額に大きく影響を与えることになるのです。

車の状態や走行距離というのは、自分ではどうすることもできません。

ですが、車をきれいに見せることであれば自分でもできますよね。

これは外装だけではなく内装でも同じです。

外装がきれいであることも大切ですが、内装がタバコのヤニで黄ばんでいたり、ジュースをこぼした跡などがそのまま残っていたりすると、査定士からマイナスの判定を受けることになり、減額対象になってしまいます。

反対に、シートなどもきれいになっていて、タバコの悪臭も取り除いているのであれば、プラス判定になり、査定額も高くなりやすくなるのです。

車が汚い状態のまま売っても、今度は中古車販売業者がクリーニングをしなくてはならないため、手間もお金もかかってしまいます。

だから、キレイな状態の車のほうが高く買い取ってもらいやすくなるのです。

特に外装というのは、査定士に査定をしてもらう直前に洗車をするほうが良いでしょう。

数日経つとどうしても、車にホコリなどがついてしまって、汚く見えてしまいます。

また、普段は掃除をしないエンジンルームやタイヤホイール、ボディーの下なども入念に掃除をするようにしてください。

これをするだけでも、最大で査定額が数十万円ほども高くなると言う事もあるのです。